助動詞を復習(A4)

【助動詞】

・推量の助動詞

can「~でありうる」

may「~かもしれない」

must「~に違いない」⇔cannot「~のはずがない」

should「~のはずだ」=ought to   ※ought to V の否定形は ought not to V

・過去に対する推量, 後悔, 非難

→助動詞を過去形にするだけではできない

cannot have Vp.p「~したはずがない」

may have Vp.p「~したかもしれない」

must have Vp.p「~したに違いない」

should have Vp.p「~したはずだ」「~すべきだったのに」

should not have Vp.p「~すべきではなかったのに」

need not have Vp.p「~する必要はなかったのに」

・いろいろな助動詞

need「~する必要がある」
→否定文、疑問文でのみ使う(肯定文では一般動詞 need to V)

used to

過去の状態「(今は違うが)以前は~であった」
過去の規則的な習慣「(今はしないが以前は)~したものだ」
→would (often)は過去の不規則な習慣「よく~したものだ」

had better「~したほうがよい」
→否定形は(had better not V)

・助動詞を使った表現

cannot ~ too … 「どんなに~してもしすぎることはない」

may well 「~するのももっともだ」※may は might でもよい

may as well 「~するのも悪くない、~するほうがいい」
※may は might でもよい would rather ~ (than …) 「(…するより)むしろ~したい」

would like to 「~したい」

so that S will(can, may)「S が~するために、するように」

 

最後に

これはプリントverの復習です!
ダウンロードもできますのでお気軽にご覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です