基本時制を復習(A4)

【基本時制】

時間の流れ

基本的に‘過去形’‘現在形’‘未来形’はそれぞれ一時点を表す。

・現在時制

動作動詞を使う…現在の動作

毎日の反復的動作 (現在) →昔も今も未来も繰り返される動作のこと

状態動詞を使う…現在の状態

※動作動詞…中止、再開がすぐにできる →進行形にできる

状態動詞…中止、再開がすぐにできない →進行形にできない

・それぞれの動詞の意味で決まるため、 両方の意味を持つ動詞も少なくない

・過去時制

現在時制を一つ過去にして考える 時制の一致…主節の動詞が過去形なら、その名詞節は過去形 or 過去完了形

・未来時制

will …突発的な未来予測や I (私)の意思

be going to …決定したことに対する未来、主語の意思

be Ving …決定と準備を終えた未来

現在形 …確定した事実となっている未来

・進行形 be Ving

動作動詞の途中を表す 普通は動作動詞のみだが、状態動詞を使う場合は一時的であることを示す。 現在進行、過去進行、未来進行があり、それぞれの時制での動作の途中を表す。

・時、条件を表す副詞節の中では未来のことでも現在形

最後に

これはプリントverの復習です!

ダウンロードもできるのでチェックしてみてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です